読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キッカケは時々、運命を変える。

運命が変わる時、 そこには必ずキッカケが存在します。 私にも人生を変えた数々のキッカケがあります。 そしてそのキッカケによって、 最低最悪の状態から這い上がってきました。 あなたはいまこんな事を思っていませんか? ☑︎いつか変わりたいと思っている。☑︎何かキッカケさえあれば私だって・・・。 でも残念ながら 私があなたを変えてあげる事はできません。 あなたを変える事が出来るのは あなたしかいないからです。でもあなたの人生に何かキッカケを作れたら? 頑張るあなたを応援します!

お小遣いを使ったお金の教育

f:id:tomirin3:20170429155034j:image

あなたは何歳でお小遣いをもらい始めましたか?

どう言う形でもらってましたか?

 

・お手伝いをしたら一回〇〇円。

・毎月〇日に〇〇円。

よくあるパターンですよね。

 

でもちょっと待ってください。

 

何も考えなくても、

決まった日に、

決まった金額が、支払われる。

 

何かお気付きになりませんか?

これって完璧に

「サラリーマンマインド」なんです。

 

小さい時からのお小遣い制度で

私達は気付かないうちに

お金の教育をされてるんですね。

 

なので我が家のお小遣いは

『申告制』にしました。

 

毎月こちらが決めた日に(※1)

「今日がお小遣いの日」だと

申告した子だけが貰えます。

(※1)日付は毎回変更されます

 

4歳の娘は月に3回、1回10円。

6歳の息子は月に3回、1回30円。

 

子どもたちは今日が何日か

カレンダーに丸を付けて自分で管理します。

手帳管理のお勉強にもなります。

 

そして次にお小遣いを貰うときは

前回のお小遣いを何に使ったのか

説明する必要があります。

 

それ以外で欲しいものがある時は『プレゼン制』。

ナゼそれが必要なのかを説明してもらいます。

その理由が

「みんなが持ってるから」とかでは却下。

ちゃんと親が納得する説明が出来れば

買って貰うことができます。

 

もう少し大きくなったら

それにかかる経費などもプレゼンさせる予定です。

 

これは将来自分の事業計画書を説明して

融資を受けるときに役立ちますね。

 

子供へのお金の教育。

他に何が考えられますか?

 よかったらコメントくださいね。

 

『自分の強みを知ってビジネスを立ち上げ

    たった1日でホームページを作るセミナー』

peraichi.com